海、そう、それが我々の世界だ
未来に広がる、昔の話。その一幕


プロフィール

unknown

Author:unknown



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



カテゴリ



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海、そう、それが我々の世界だ
 吟遊詩人のハープが、絶望と悲しみを奏でる。

 多くの書物が、その栄華と伝承を物語る。

 至る所から、遺跡・遺物が顔を出す(大抵、我々にはチンプンカンプンな代物だ)。

 伝え聞いた脳裏が記憶する、地球、世界、大陸、人種、進化論、
 見たことも、確かめたこともないけれど、理解が出来る不思議な知識。

 そう、この世界が一度滅びたということは本当のことだ。

 何が原因で? どのようにして?

 学者の中には、それについて研究している者もいる。

 しかし、私、ファムケ・ビッケルには、残念ながら全く興味がないことだ。

 世界が滅びた時代、私達が『終焉の刻』と呼ぶところから、
 人間はしぶとくも生き残り、再び文明を育て、そして大海原に飛び出すとことまで辿り着いた。

 その事が今は重要。

 そう、世界は、大航海時代を迎えていた。

 世界に散らばる多くの国が、多種多様な民族が、海で再び交わり始めていたのだ。

 私は、『海の人間』と自称する父の影響を多分に受け、当然のように海に出ることを選んだ。

 私の心を刺激したのは、そう見晴らす限りの水平線。

 父と同じ『海の人間』となることを選び、世界を水平線から眺めるため。

 抽象的だけれども、そうこれが私の目的。

 その日、私はポルトガルのリスボンに滞在していた。

 ここリスボンは、大航海時代が始まったともいえる港。

 数多くの航海者が荒れ狂う海に飛び出した。その中には永久に帰って来ない者も数多く存在する。

 しかし帰って来る者は、富や名声を掴む。
 その者がもたらす情報は、真っ先に酒と女を介して、ここリスボンに伝わるという算段だ。

 そのため、この地には、ありとあらゆる情報が集まり、
 それを求め、様々な人種、見たこともない物が交流するようになったのだ。

 イベリアの爽やかな熱気が、私の身体を優しく包む。

 パラソルの下に寝そべり、パッションフルーツのジュースを飲んで、そう、今日は久々のバカンスであった。

 仕事の都合とはいえ、イングランドに指名手配をされたのは痛かった。

 それに伴う、聞くも涙、話すも涙のイングランド北回り航路。思いだすのも嫌になる。

 激しく疲労した精神を休めるくらい良いじゃない。

 もちろん、情報収集、仕事のネタには気を配る。

 だけど……今日くらいはいいよね。

 いつもは陰鬱な私の黒髪が、気持ちの良い風に流される。

 うーん、気持ちいぃぃぃ

 私が、両手を挙げて、身体を伸ばしたところに、おずおずと現れたのが、私の副官。カタラーナ。

 表情が暗い彼女の登場は、仕事を物語っていた。

 「ちっ」
 軽く舌打ちをしてみたが、まぁ、仕方がない。

 うん、旧知の商人サンキムルナが、艦載タイプのキャノン砲70門を欲している。

 場所は、海賊のメッカ、カナリア沖のラスパルマスだと。

 何やら面白い話。私の鼓動は、ドキドキ高鳴る。

 カタラーナ、ハンベ、みんな、出航の用意を頼むわね。

 私の愛用する『桃源郷の未来号』は、その日のうちにリスボンを出航したのだった。


「海、そう、それが我々の世界だ」

序章

 序章 或る学者の解説

1章 あるバカンスの1日

1.カタラーナ リスボンにて

2.ファムケ・ビッケル 独白

3.ファムケ・ビッケル あるバカンスの1日


2章 喜劇開幕

1.ファムケ・ビッケル ラスパルマス入港

2.サンキムルナ 禍々しい男

3.ファムケ・ビッケル 魑魅魍魎

4.サンキムルナ 思惑

5.ファムケ・ビッケル 喜劇開幕

6.ファムケ・ビッケル 半月の輝き


3章 燃え上がる海

1.ファムケ・ビッケル 夢

2. ファムケ・ビッケル 回想・血と蜜の味

3. ポンキィ イエス・マイロード

4. Sight of Sea カーニバルの開幕

5. ファムケ・ビッケル 天気晴朗なれども浪高し

6. ポンキィ チミッコの興亡、この一戦にあり

7. Sight of Sea 老兵とサーブル

8. ファムケ・ビッケル 涙の在り処

9. Sight of Sea 燃え上がる海

10. ポンキィ イネス

11. ファムケ・ビッケル 涙だ


4章 パーティへ 来賓は集う

1.サンキムルナ 再起

2.ポンキィ ミ・ツ・ケ・タ・ノ・ラ

3. ファムケ・ビッケル 生きていて

4. サンキムルナ パーティの始まり

5.ファムケ・ビッケル ありがとう

6. ハンベ 生きる目的

7. カタラーナ 絶対死にません

8. Sight of Sea レクイエム

9. ファムケ・ビッケル 叫ぶ喚くまた叫ぶ

10. Sight of Sea 平静へ

11. ファムケ・ビッケル 終わりにしよう

12.カタラーナ 姉さん?

13.Sight of Sea 姉妹たち

14.ファムケ・ビッケル パーティへ 来賓集う


5章 ミカエル・ドラガセス

1.Sight of Sea 浄化

2.ファムケ・ビッケル 私のチーム

3.Sight of Sea 血の邂逅

4.ファムケ・ビッケル 妹???

5.Sight of Sea 蒼い空

6.ファムケ・ビッケル バカンスの続き

7.Sight of Sea All is fair in love and war


終章

1.カタラーナ あれから三カ月


おまけ

おまけ.その頃





 

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。